« うしゅう。 | トップページ | ガイトゥーン。 »

カオタイ。のだめ。

2008_17_001  明日から3学期。準備のため、ちらっと出勤。

 昼前、高田馬場のタイ料理〈カオタイ〉でランチバイキング。(カオタイ、はタイのご飯の意味らしい。)

 赤と緑の2種類の鳥カレー、野菜炒め、サラダ、焼きソバ、白身魚のフライ、など一通り食べたら満腹になった。(そういうもの2008_17_003_2 だ。)

 とくに、冬瓜とトマトのスープはおいしかった。簡単に作っているようだけれど、酸味と辛さのバランスが絶妙である。レシピがしっかりしているのだろう。

 英語科では、3人の教員と会う。プリント類などを準備。生徒のいない学校は仕事がはかどる。(と、いつも思うパラドックス。)

 録画してあった、「のだめカンタービレ」のスペシャル版を見る。理屈抜きでおもしろい。

 ビデオで見ると、いかにCMの時間が長いか、よくわかる。

|

« うしゅう。 | トップページ | ガイトゥーン。 »

コメント

今年もよろしくお願いします。どこかで見かけたら、お声をおかけください。
オークレール先生よかったですね。ああいう言葉は、とくに外国語で言われると(言葉にオマケがつかないからか?)深遠に響いたりするものです。
何のために歌を作るのか、短歌に関わるのか。それぞれ忘れちゃいけませんね。

投稿: おおまつ | 2008年1月 7日 (月) 23時55分

あけましておめでとうございます。
今年は大松さんをはじめとして、いろいろな歌人に逢えたら、と思っています。

「のだめ」は連ドラでは2、3話しか見ませんでしたが、スペシャルは2話とも見ました。
指揮や演奏、新キャラも面白かったんですが、オクレール氏がのだめに「きみは何の為にピアノを弾くんだね?」と訊ねるシーンに、ちょっとだけ、泣きそうになりました。
これは短歌にも置き換えられる。なんと根源的な質問をしてくれるんだ、と。

ピアニストも歌手も、歌人も、その意味を求め続けていくんでしょうね。
ともかくも、「のだめ」は、バラエティあふれる素晴らしいドラマでしたが。

投稿: 森 | 2008年1月 7日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/17609514

この記事へのトラックバック一覧です: カオタイ。のだめ。:

« うしゅう。 | トップページ | ガイトゥーン。 »