« 凝る。 | トップページ | 92号批評会。 »

アンチョビ。

 今日の授業で、シェイクスピアは言葉の発明家であった、という内容の文章を読んだ。

 シェイクスピアの生没年は〈1564-1616〉で、これを「人殺し・いろいろ」と覚えるのは有名。劇中でいろいろ殺しちゃってるからである。

 そのころ、英語は各国語を取り入れたり、既存の単語に意味を付加したりして、語彙と意味を増加させたという。中には、アンチョビとか、スキムミルクとか、ネゴーシエイト(交渉する)とか、あるいは、ヒントなんていう新しそうな語も含まれるそうだ。

 ちなみに、ローマのトッティ選手(イタリア人)は、「シェイクスピア」って誰が書いた本なの? と言っておバカっぷりを発揮したそうだ。(作り話だろうけど。)

Photo_2Photo   夜は、近くの〈コパン〉で。

 小海老とポルチーニ茸のフェットチーネが最高。香りの組み合わせが良い。他にもムール貝のトマト煮込みがおいしかった。スープに貝の味が染みこんでいた。

|

« 凝る。 | トップページ | 92号批評会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/17248553

この記事へのトラックバック一覧です: アンチョビ。:

« 凝る。 | トップページ | 92号批評会。 »