« 金髪のマリリンよりも。 | トップページ | ボネコ。 »

榾火。

 午後、新宿の朝日カルチャーセンターへ。

20071120_008  途中、ロイヤルホストで抹茶のロールケーキを食べながら最終の予習。ロイヤルホストは今でも、ロイホ、と呼ばれているのだろうか。スピッツの歌に出てきたなあ。

 今日は、高野公彦『水苑』と大滝和子『竹とヴィーナス』の2冊。

 『水苑』は読めば読むほど味の出る歌集である。出版されてから7年が経つ。当初、穏やかな歌集だと思っていたが、実は静かな激しさを秘めた歌集でもある。

20071120_012・京言葉の語尾の榾火(ほだび)よ 鱧の落とし食みしその夜の気遠(けどほ)き眠り

・俗(このよ)の名もちて生きをり酒飲みて海鼠酢(なまこす)食へり酢は死の匂ひ

など、危険な香りのする歌もある。ただ、全体的には、作者の優しさが表に出ている感じはするけれど。

 5時半に終わって外に出たら、すっかり暗くなっていた。もう年間で最も日の短い2ヶ月になっているのだ。

 月の明るい夜だ。

|

« 金髪のマリリンよりも。 | トップページ | ボネコ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/17132149

この記事へのトラックバック一覧です: 榾火。:

« 金髪のマリリンよりも。 | トップページ | ボネコ。 »