« めとき。 | トップページ | 終わった。 »

サンゲタン。

 数人の生徒と数人の先生方から、昨日は勝ちましたね、と祝福された。(言おうとして言われなかった方々もいるだろうし。)それだけ千葉マリーンズが注目されて、人間関係上の潤滑油になってくれているというのはうれしい限り。

20071017_003_2  昼は、〈韓友家〉(ハヌガ)にて。http://www.hanuga.com/pc/index.html なんてことのない地味な店構えだが、12時半には満席。35人ほどのランチのお客さんがいた。人間の舌ほど正直なものは無い。

 サンゲタン定食。だが、本当のサンゲタンではない。白米を後で入れる簡易版。それでも味は確かにサンゲタン。

 高野公彦氏の

參鶏湯(サムゲタン)はふはふ食へり倭奴(ウエノム)か日本人(イルボンサラム)かいづれぞわれは (『天泣』)

 を思い出しながら食べる。

 今日も、近くの日本語学校生が韓国語で注文し、ウエイターが韓国語で応じている。いづれぞわれは、という感じになる。

 

|

« めとき。 | トップページ | 終わった。 »

コメント

過去記事にコメント失礼。
新大久保2分、高麗參鶏湯というお店を知りました。本格的なやつが供されるらしいです。電話番号は03・3207・3323です。雑誌の写真がなかなかいいので、お勧めしておきます。勤務先のお近くでしょう?

高野さんの歌は<サンゲタン>が動くのか動かないのか・・・。いずれにしても旧世代の発想になる歌ですね。大松さんが引用されると不思議なずれが生まれていて、そこをもっとつっこんで現代的に作品展開されたし、と思う旧世代のひとりです。

投稿: ひびき | 2007年10月23日 (火) 09時24分

ぼくならさらに、<補身湯(ポーシンタン)はふはふ食へり倭奴(ウエノム)か日本人(イルボンサラム)かいづれぞわれは>、というところですね。 

投稿: 髭彦 | 2007年10月19日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/16790894

この記事へのトラックバック一覧です: サンゲタン。:

« めとき。 | トップページ | 終わった。 »