« 高野公彦を解剖する。 | トップページ | 鶴田伊津歌集 『百年の眠り』 »

対ヤクルト戦。

004_34   小雨が断続的に降る神宮球場で、東京ヤクルト対千葉ロッテの試合を見る。神宮に来るのは久しぶり。観客は、ロッテ側の方が多く、ホームゲームのような雰囲気さえあった。

011_22002_30  試合は、石井一久にタイミングをずらされっぱなし。ところが終盤、エラーなどのあと、元ロッテのシコースキーから、里崎が満塁ホームランを打って逆転。ふらふらと上がって左翼線ぎりぎり入った、なんとも情けないものだったが、それでもホームランである。最終回にも小林雅英が 青木にホームランを打たれたり、なんだか勝った気のしない勝利であったが。

 ま、いいか。

|

« 高野公彦を解剖する。 | トップページ | 鶴田伊津歌集 『百年の眠り』 »

コメント

ぴりかさん。
 そうなんですよ。アオキという奴に4本も打たれまして。マサも危なっかしいですよね。荻野の方がいいのかも。
 今日のワトソンのところは、やっぱりオーマツに出て欲しかったです。(泣)
 それにしても、藤田はどうしちゃったんでしょうかねえ。最近3試合で16人に被安打11、失点11ですよ。
 

投稿: おおまつ | 2007年6月24日 (日) 22時21分

むー,雨の神宮,お疲れさまです。やってくれましたね,コバマサ...。しかしこれがあるので,最後まで気が抜けない緊張感ではらはらしながら試合が楽しめると思っています。今スポーツニュースで里崎の「予定調和的コメント」をきいて爆笑しました。いいキャラをしております。どの業界もキャラが結構大事なんだなあ。

投稿: ぴりか | 2007年6月24日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/15545516

この記事へのトラックバック一覧です: 対ヤクルト戦。:

« 高野公彦を解剖する。 | トップページ | 鶴田伊津歌集 『百年の眠り』 »