« そらいろ短歌通信。5月18日。 | トップページ | 「棧橋」90号作品。 »

深川めし。

 大会の初日。新宿から〈あずさ〉に乗る。あづさ、と美しく表記してもらいたいのだが、こればかりはしかたない。

001_29 新宿駅で買った「深川めし」弁当を食べる。もともとアサリの煮込みご飯を指すはずだが、予想に反して、穴子とハゼの甘露煮も乗っている。さすがに、アサリご飯だけでは商品にならないのか。贅沢な日本人。

 ハゼなんて、久しぶりに食べた。

 小学生のころには、父親に連れられて、お台場によくハゼ釣りに行ったものだ。だいたい一日で100匹程度は釣れた。子供でも飽きない釣りである。まるごとテンプラにして食べた。今となって、いろいろ連れて行ってくれた父親に感謝するのである。

 ときには、東西線の行徳の方にも行って釣った。高野さんのお住まいの関係でたびたび行徳地区に行くのは不思議な縁である。

 今の開発されたお台場地域に行くと、ついつい昔話をしたくなる。歳をとるというのはこういうことなのか、と先輩方の気持ちが分かる気がする。

|

« そらいろ短歌通信。5月18日。 | トップページ | 「棧橋」90号作品。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/15165184

この記事へのトラックバック一覧です: 深川めし。:

« そらいろ短歌通信。5月18日。 | トップページ | 「棧橋」90号作品。 »