« 幸綱さんの反撃。 | トップページ | 岡井さんが高野さんを。 »

上海旅行・補遺2。リートン。

Photo_48  漢字を眺めているだけで法悦、というのが、中国に滞在する楽しさである。

 例えば、このリプトンのティーバッグのパッケージ。(印刷もきれいだ。)

 「立頓」の発音は、リートゥンであろう。(ちなみに、今、「頓」はオオガイの9画を調べていて、難儀していたところ。簡体字なので、6画が正解。)

 日本では、「YELLOW LABEL TEA」と英語表記なのだが、さすが中国。すべて漢字である。シンニョウに先は、「選」(シュアン)の簡体字。精選ということ。

Photo_44   簡体字も、ひたすらおもしろい。慣れると感動は薄れてしまうが。

 裏面もスキャンしてみた。

 「建議飲法」と書かれるとかしこまる、ということはないか。

 高校時代の漢文教育のせいかもしれない。ただし、今では、ふぁんいーぱおちゃーたいつぁいべいちゅん、と音訓しようとしてしまうようになった。

 西暦なのも助かる。

 

|

« 幸綱さんの反撃。 | トップページ | 岡井さんが高野さんを。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/14403225

この記事へのトラックバック一覧です: 上海旅行・補遺2。リートン。:

« 幸綱さんの反撃。 | トップページ | 岡井さんが高野さんを。 »